冷え性がひどくて漢方の病院に通っていました。

冷え性がひどくて漢方の病院に通っていました。

妊活を始めた年齢:20代

現在の妊活状況は?:子宝に恵まれたので妊活を終えた
妊活でどのくらい費用がかかりましたか?:10万円未満

冷え性がひどくて漢方の病院に通っていました。
まずは主治医の先生に、子どもがほしい旨を伝えて症状の改善とそのときの体調などに合った漢方を処方してもらいました。
次に体を冷やさないように心がけました。
大豆がいいと聞いたので、豆乳や納豆などを意識して食べていました。
牛乳にはきな粉を入れて飲んでいました。
また、体を温める手っ取り早い方法として、温野菜を毎晩食べていました。
ズボラなので茹でたり毎食食べていたりするとめんどくさくなったり飽きてしまったりするので、「晩ご飯だけ」と決めて、100円均一などにある温野菜用のジップロック容器に入れてチンして手軽に取り組んでいました。
主人には負担にならないように、「この日とこの日がいいんだけど、仕事で疲れていたらやめようね」とあらかじめ言っていました。
その方が疲れているときは断れるし、別の日にフォローしようという気になれると言っていました。
一番は気楽に構えていることだったと思います。
その生活を始めてすぐに妊娠することができました。