もともと結婚が遅く、38歳になってからの妊活でした。結婚...

もともと結婚が遅く、38歳になってからの妊活でした。結婚...

妊活を始めた年齢:35~39才

現在の妊活状況は?:現在も妊活を継続中
妊活でどのくらい費用がかかりましたか?:10~50万円

もともと結婚が遅く、38歳になってからの妊活でした。結婚して1年くらいしても妊娠しなかったため、自分が通える病院を探し、不妊治療を数多く経験してきた先生がいる地元の病院へ通院することにしました。不妊治療はタイミング療法、人工授精、体外受精、顕微受精等、様々な治療と段階があります。どこからスタートするのかは人それぞれかと思いますが、私はまずはタイミング療法からスタートしました。不妊に関する検査もあわせて行いましたが、主人共々、特に妊娠の妨げになるような原因は見つからず、なぜ妊娠できないのか不明なままでした。タイミング療法を初めて約1年がたち、年齢が39歳になった事で、先生からも体外受精を視野に入れる方が良いとアドバイスを受けました。現在は、体外受精ができる別の病院に転院したばかりです。妊活はとにかく、時間とお金がかかります。特に女性は心身共に負担が多く、妊娠に至らないたびに落ち込みます。それでも、しっかり主人と話し合って、体外受精までやって、それでだめならあきらめようと決めました。年齢的なものもあり、いつまでもだらだらと続けるのは体にも負担ですし、金銭的にも辛い。そのため、期限を設け、その期限まではしっかり頑張ろうと決めたことで、妊活する精神的負担が少し軽くなりました。まだもう少し私の妊活は続きますが、前向きに頑張ろうと思います。