皆さん気を付けて!

皆さん気を付けて!

私は20代前半で初めて妊娠しました。それまでは多少体重が増えても、すぐ元に戻せていたので自分自身を過信していたのでしょうか。周りの方々に「お腹に赤ちゃんがいるんだから沢山食べなさいよ。」と言われ単純に純粋にそれを真に受けてほぼ二人分の食事を完食していました。妊娠してからは、おとなしく過ごしていた上に悪阻も一切なく食欲旺盛ですから、それは当然太ります。


妊娠中期から後期にかけては、病院に行くたびに「体重増加注意」という判子を母子手帳に押され、最終的には15kgの増加。
お腹が大きくなるにつれて、妊娠線が出ないようにと予防クリームをしっかり塗り続けていたものの、いざ出産してビックリ!
産まれた長男は2600gと小柄で、産後に減ったのはほんの4?5kg…。そうです増加した体重は決して子供の分ではなく、私のお肉になっていたのです。
子供がお腹からいなくなったので、お腹は多少へこみましたが、へこんだお腹を見てさらにビックリ!!
あれだけ熱心に塗り続けた、妊娠線予防クリームだったのに、私の下腹には効いてなかったのです。妊娠線の部分が赤紫色になり、私の体は見るも無残な恐ろしい事になってしまっていたのです。下腹部はお腹が大きくなると、私からは死角の部分。きちんと塗ることが出来ていなかったのか、ただ単に太り過ぎてしまったからなのかは分かりませんが…。
それに15kgの増加ともなれば、体中の皮膚が以前より伸びてしまったのも当然で、体重を落としたとしても伸びてしまった皮膚はたるんでしまったまま、どうにもできない状況です。
今妊娠中の皆さん、これから赤ちゃんをお腹に迎えるかもしれない皆さん…。
太り過ぎには気を付けてくださいね。妊娠線の予防クリームなどは、しっかり下腹部に塗り込んでくださいね!
page top