妊娠中利用できるツールや制度について

妊娠中利用できるツールや制度について

母子手帳と一緒に「おなかに赤ちゃんがいます」のキーホルダーと車に貼るマグネットをいただきました。妊娠初期からすぐ使うことにしました。


電車に乗る時、キーホルダーをつけていると優先席に座りやすいです。お腹が大きくない状態で黙って座っていると、若いのに優先席に座るなんてと思われる可能性があります。特に妊娠初期はつわりで気持ち悪くなりやすいので、無理せず初期からキーホルダーをつけることをおすすめします。
車に貼るマグネットをつけていると、車間距離をとってもらえることがあります。今までは渋滞時にあおられることがありましたが、これをつけて以来あおられなくなりました。またつわりなど体調不良時でつらい時、悪天候で地面が滑りやすい時は身体障がい者または妊婦用駐車場に止めることができます。妊婦は「高齢運転者等専用駐車区間制度(平成22年4月19日から施行)」の対象になります。
妊婦マークを有効に使って、安全に過ごせるようにしましょう。
page top